保守サービス・修理サポートに関するお知らせ

メンテナンス

●保守点検サービス

日本陸上競技連盟競技規則で定められている原則年1回の定期点検対象機器、競技会で使用される用器具・機器を納入後もサポート。
計時・計測値をはじめ、用器具が正しく機能・動作する状態かを点検します。
機器の種類・台数・納入経過年数に応じて適切なプランをご提案いたします。

●検査の義務付け

日本陸上競技連盟「陸上競技場公認に関する細則」 公益財団法人日本陸上競技連盟 編/陸上競技ルールブック2021年版より抜粋
(別表2)

機器・用器具名 該当品番(本カタログ記載品番) 競技規則記載
必備用具
ストップウォッチ NF3051B、F3061Bなど 原則として1年に1回検査すること
写真判定装置用スタート信号器 NMS477B、NMS400A、NMS410A、NMS450B、NMS451B、NMS370など 原則として1年に1回検査すること
必備器具
写真判定装置 NMF1000W、NMF1000V、NMF600Eなど 原則として1年に1回検査すること
超音波風速計 NMS200など 原則として1年に1回検査すること
常備を希望する用器具
光波距離測定装 NMS111D、NMS112Eなど 原則として1年に1回検査すること

●効果

  • 破損・不具合の早期発見

    破損・不具合に早期対応できるので、維持費を抑え事故や故障の軽減に役立ちます。

  • 競技規則に対応

    競技規則で点検を定める用器具はメンテナンス対象です。

  • 破損・不具合の早期発見

    定期的な点検だけではなく、正しいご使用方法をご案内いたします。

  • 破損・不具合の早期発見

    一部の消耗部品については、検査内で交換いたします。

●点検プラン

電子機器

現地点検

対象機器 : 風速計関連、ストップウォッチ、スタートインフォメーションシステムを除く電子機器、コンピュータシステム、インカムシステム、配線設備など

工場点検(お預かり)

対象機器 : 写真判定装置(NMF1000V、W以降~)、トリプルシグナルピストル、YO式スタート発信装置、光波距離測定装置、超音波風速計、ストップウォッチなど

用器具

スポット点検

5年毎の公認検定や大規模競技会に向けて、用器具の状態や正しく動作するかの現地点検

点検内容:外観(破損有無)、ジョイント部・動作部の機能 など

対象用器具: ハードル、走高跳・棒高跳用マット、円盤・ハンマー投用囲い など

定期点検

点検内容はスポット点検と同様の点検を定期実施

実施タイミング:ご相談ください(年1回 など)

点検内容:外観(破損有無)、ジョイント部・動作部の機能 など

対象用器具: ハードル、走高跳・棒高跳用マット、円盤・ハンマー投用囲い など

●主要な機器の点検

■写真判定装置

点検箇所 点検項目 工場点検 現地点検 現地検査
制御部 ・基準器と計測時刻照合 × ×
・調整機で計測時刻校正 ×
・内部電池交換 ×
総合 ・精密分解清掃(内部清掃 × ×
・動作確認

■光波距離測定装置

点検箇所 点検項目 工場点検 現地点検
測距部 ・簡易距離測定(計測値の確認) ×
・精密距離測定(専用機器で計測値校正) ×
・データ出力確認
電源部 ・バッテリー動作確認
総合 ・動作確認

■フィニッシュタイマー

点検箇所 点検項目 工場点検 現地点検
操作盤 ・機能動作確認 -
表示盤 ・表示動作確認 -
配線 ・遠隔動作試験 -
総合 連動機器オンライン試験 -

■インカム

点検箇所 点検項目 工場点検 現地点検
通話機器 ・通話機器動作確認 -
配線 ・埋設配線を介し、通話試験 -

■NANS

点検箇所 点検項目 工場点検 現地点検
PC ・PC各種動作確認 -
・NANSソフトウェアバージョンアップ作業 -
・周辺機器動作確認 -
総合 ・連動機器オンライン試験 -

■配線工事

点検箇所 点検項目 工場点検 現地点検
配線 ・計時計測用配線の絶縁・抵抗値測定 -
・インカム用配線の絶縁・抵抗値測定 -
・LAN 配線を専用機器による通線確認 -
・光配線を専用機器による通線確認 -  

■円盤・ハンマー投用囲い

点検箇所 点検項目 工場点検 現地点検 現地検査
ネット ・ネット破れ・摩耗確認 - ×
支柱部 ・支柱などの外観・状態確認(凹み・破損) - ×
消耗部材 ・ロープ・ワイヤーなどの消耗部材の状態確認 - ×
総合 ・組み上げ動作確認 - ×

■走高跳・棒高跳用マット

点検箇所 点検項目 工場点検 現地点検
本体 ・皮破れ・ウレタン状態確認 -
上面マット ・皮破れ・ウレタン状態確認 -
付属金属 ・欠損等確認 -
トップに戻る