競技運営タイミング設備工事

ノウハウを活かし、競技場にあわせたご提案

円滑な競技運営には、地中に敷設された配線を介し、正しく電源や各種信号データが送受信できる状態が不可欠です。 弊社では、積み重ねた実績と現場経験から得たノウハウを活かし、一般的な電気・通信設備よりも防水性の高い工事仕様です。 弱電によるデータ通信だけでなく、写真判定装置の映像信号を伝送する光ケーブルや電源の一体型コネクタボックスなど、 それぞれの競技場にあわせ、機器が使用される場所・機器の消費電力にも配慮したご提案をします。

ご提案から施工・検査まで

既存競技場で、こんなことありませんか?
...「信号入らないときがある」「コネクタ内が変色している」「漏電が発生する」

敷設配線で正しく信号伝送ができなくなると、正しく計時・計測機器が動作しないことがあります。「雨の日や雨の翌日に信号が入らないことがある」「コネクタ内のピンが変色している」場合、弊社にご相談ください。コネクタボックスの状態や敷設配線の抵抗値などの現状確認をし、適切な修理・やり替えのご提案いたします。

●電線・ケーブルの耐用年数

電線・ケーブルの設計上の耐用年数は、その絶縁体に対する熱的・電気的ストレスの面から20年~30年を基準として考えてあるが、使用状態における耐用年数は、その敷設環境や使用状況により大きく変化する。
なお、ケーブルが正常な状況で使用された場合の耐用年数の目安を表1に示す。

表1 電線・ケーブルの耐用年数の目安

電線・ケーブルの種類 敷設状況 目安耐用年数
低圧ケーブル
(VV、CV、CVV等)
屋外(水の影響がある) 15~20年

【参考資料:社団法人日本電線工業会発行技術資料(技資第107号参照)「電線・ケーブルの耐用年数について」】

トップに戻る