周回カウントシステム

専用計測用IC-tagで、中・長距離、競歩競技の周回数を自動でカウント。競技者の周回数の数え間違いを防止します。

NMS700 周回カウントシステム (式)¥2,090,000(税込)

トラック競技の長距離・競歩において、別売りの「NMS702計測用IC-Tag」を装着した各競技者の周回数を自動でカウントし、コントロールPC上にリアルタイムで一覧表示します。周回遅れの競技者は異なる色で表示されるため、最終周回の合図をするときの補助になります。
別売りの「NMS020 データワイヤレス装置」を接続することにより、最終周回の競技者ナンバーを写真判定装置(NMF2000・1000シリーズのみ)へ送信・画面表示ができるため、着順判定の補助になります。
※本システムで、タイムの計測はできません。
※フィニッシュライン約70m手前に設置の受信機アンテナの受信エリア通過時点の順位表示となるため、フィニッシュラインの通過順位とは異なる場合があります。

LAN ケーブル(90mドラム)周回データオンライン装置

公益財団法人日本陸上競技連盟 編
陸上競技審判ハンドブック2021-2022年度版より抜粋

周回記録員

トラックでの長距離周回にトランスポンダー使用の試み
トラック競技での5000m 以上の長距離競技、競歩競技では周回遅れが発生すると周回記録の誤りにより一周多く回されたり、写真判定ではだれがフィニッシュか見誤り撮影抜けによる記録なしなどのトラブルが各地の大会で散見されている。この間違いを防止し大会運営を円滑にする目的で、マラソンなどに使用されているトランスポンダーをこのモニターで誰が何周か判別できる。また周回遅れは色で表示されるためわかり易く審判員の負担が減り、大会運営も円滑に進む。

●オプション

NMS702 計測用 IC-Tag(30個)(式)¥176,000(税込)

NMS700専用本品を装着した競技者が受信機アンテナの前を通過すると、周回数を自動でカウントし、コントロールPC上にリアルタイムで一覧表示します。
※「N21-53・N21-54 周回システム用腰ナンバー標識」への収納をおすすめします。
※内蔵電池は、1年ごとの交換が必要です。(電池寿命 約1年 ※ご使用条件・環境により異なります)

NMS701 周回監視タブレット (台)¥253,000(税込)

コントロールPCに表示する各競技者の周回数を、複数台のタブレットPCで確認ができます。また、写真判定室に設置することで、写真判定装置の録画ボタン操作の補助にもなります。
※「NMS700 周回カウントシステム」への最大接続台数は4台です。

N21-53 周回システム用腰ナンバー標識 白地(枚)¥660(税込)

N21-54 周回システム用腰ナンバー標識 黄地(枚)¥682(税込)

裏面に、別売り「NMS702 計測用IC-Tag」を収納できるポケットが付いています。
生地色:N21-53/白、N21-54/黄
※ご購入時、「1~60」の範囲内でご希望の番号をご指定ください。

NMS020 データワイヤレス装置(式)¥407,000(税込)

計測器や表示盤のデータを無線で送受信するための装置です。

【ご注意】弊社販売の電子機器は、自家用電気工作物から給電されている施設しか、ご使用いただけません。

トップに戻る